本気のダイエット!

アサイーとキャベツで食べて痩せられるダイエット

ダイエットでは、脂肪を燃焼させたり、血糖値の上昇を防いだりする食品が重宝されます。そこでアサイーとキャベツが有効です。まずアサイーには、抗酸化作用があります。抗酸化物質であるポリフェノールは、ブルーベリーのおよそ18倍で、内臓脂肪を減らす効果があります。ダイエットは体重を減らすだけでは、見た目に締りがなく成功したとは言えません。特に女性で痩せているのに下腹だけがぽっこりしている人は、内臓脂肪が蓄積されていることが多いです。アサイーを食べるとスタイルが良くなります。またアサイーは食物繊維を豊富に含んでいるので便秘解消や、血糖値の穏やかな上昇につながります。アサイーは、収穫後すぐに酸化する性質を持っているので、日本で入手できるのは、加工品の状態です。様々なフルーツを入れたアサイーボウルにすることで、栄養バランスが良くなります。次にキャベツダイエットは、健康な体を維持しながら、余分な栄養を摂取しない方法です。ご飯の前にキャベツを食べます。ビタミンCが多く含まれているのは、芯の部分と外側の葉の部分です。キャベツおよそ6分の1個を噛みごたえのある生の状態で食べます。ここでポイントなのが、ゆっくりと10分程度時間をかけて食べることです、刺激が満腹中枢に伝わって、食事をする前に空腹感が軽減されます。キャベツにかけるドレッシングは、ノンオイルやレモン汁、ぽん酢などがおすすめです。マヨネーズのような油分の多いものは避けます。ただしキャベツだけを食べる方法は、ダイエット向きではありません。1日に70gのタンパク質が必要なので、筋肉や基礎代謝を上げるために、食事は1日3食バランスが良いものをしっかり取ります。