本気のダイエット!

産後太りダイエットには酒粕がおすすめ

妊婦は、赤ちゃんの体重を考慮しなくても妊娠前より体重が増えます。これは赤ちゃんを守るために脂肪で壁を作るためで、産後太りは脂肪が増えることで皮膚が伸び、出産してもたるみを引き起こしている状態です。またお腹が大きい間は、運動量が減るため筋肉が衰え、基礎代謝が落ちることも、産後太りにつながります。しかし多くの母親が、自分の母乳で赤ちゃんを育てるため、産後太りを解消するために無理な食事制限を伴うダイエットは、赤ちゃんの発育に良くありません。そこで、産後太りには酒粕ダイエットがおすすめです。酒粕とは、お酒の製造過程でできるもので、米や米麹などの原料を発酵させて、お酒を絞り出した後に残っています。栄養が豊富ですが、50gでおよそ110キロカロリーというヘルシーな食材です、酒粕がダイエットに効果的なのは、レジスタントプロテインという成分を含んでいるためです。レジスタントプロテインは、タンパク質ですが食物繊維と同じように消化酵素では分解されません。摂取した脂肪やコレステロールを吸収する効果があり、そのまま便と一緒に排出されます。また酒粕にはダイエットに欠かせない食物繊維が豊富です。食物繊維は血糖値の上昇を抑制します。通常血糖値が上がるとインスリンが分泌されて、糖分を脂肪として蓄積します。一方で食物繊維は血糖値に影響を与えないので、インスリンが過剰に分泌されることがなく、自然と太りにくい体質に変わります。酒粕ダイエットでは、食事制限を行わずに普段の食事に50gの酒粕を加えます。甘酒として飲むだけでなく、料理にも使えます。特に味噌汁に入れたり、ジュースにして飲んだりすることは、料理が苦手な人でも簡単に実践できます。