本気のダイエット!

肥満度チェックをしてダイエット中の料理を見直そう

体型が気になり始めた時に行うダイエット。体重が増加するほど元の体型に戻るまでには時間がかかってしまいます。毎年さまざまなダイエット方法がテレビや書籍で話題になっていますが、誰もが少しでもラクに痩せられる方法を選びたくなるでしょう。しかし一つのものを食べ続けたり、プチ断食をするような短期間で成果を出すダイエットはある程度一気に体重が落ちやすいですが、またもとの生活に戻すとリバウンドをしやすいです。せっかくダイエットを決心したのなら希望の体重になった後もリバウンドせず、キレイな状態をキープできることが理想です。まずは現在の肥満度チェックをしてみましょう。肥満度チェックはBMIを測ることで知ることができます。自分で計算することもできますが、ネットサイトでも簡単に肥満度チェックを行うことができます。BMIは25を超えると肥満になります。自宅の体重計に体脂肪など測れる機能がついている場合は毎日計測した時に記録しておくのがおすすめです。BMIが高い場合は標準に戻すことを目標として下さい。ダイエット中の料理は米、パン、麺、芋類など炭水化物は控えるようにして下さい。炭水化物を取る場合は汁物やメイン料理を食べた後、最後に食べるようにして下さい。他の食材でお腹が満たされた後に炭水化物を摂ることで量を減らせますし、血糖値が急激に上がることを防げます。調理方法は油をあまり使わない蒸し物や炒め物、煮物がおすすめです。味付けは薄味にすることで食欲を防げます。料理を盛り付ける時は小さめのお皿を使うとボリューム感がでます。ダイエット中は運動も大切です。ウォーキングやジョギング、筋トレを毎日できる範囲で続けると筋肉がつき、リバウンドしにくい体が作れます。